catch-img

海外の販路拡大を成功へ導く!オンライン展示会で実現する海外展開

海外市場への進出は、多くの企業にとって大きな機会ですが、それには様々な課題も伴います。高いコスト、複雑な手続き、そして未知の市場への不安など、海外でビジネスを広げようとする際に直面する壁は少なくありません。このブログでは、そんな壁を低コストで効率的に乗り越える方法として、オンライン展示会の活用をご紹介します。

オンライン展示会を使って、どのようにして海外での販路を拡大し、ビジネスの可能性を広げることができるのか、具体的なアプローチとともに見ていきましょう。

目次[非表示]

  1. 1.オンライン展示会とは?
  2. 2.海外進出におけるオンライン展示会のメリット
  3. 3.海外向けオンライン展示会開催のコスト
  4. 4.海外販路の拡大を計画する
    1. 4.1.目標市場の選定
    2. 4.2.プロモーション戦略
    3. 4.3.コンテンツの作成
    4. 4.4.現地顧客との関係構築
  5. 5.よくある失敗とその回避方法
    1. 5.1.【失敗1】ターゲット市場の誤認識
    2. 5.2.【失敗2】不十分なプロモーション活動
    3. 5.3.【失敗3】コンテンツの質と魅力の不足
    4. 5.4.【失敗4】効果的なコミュニケーションの欠如
    5. 5.5.【失敗5】テクノロジーの問題
  6. 6.まとめ

オンライン展示会とは?

オンライン展示会は、インターネットを介して仮想空間で行われる展示会で、物理的な場所に依存せずに世界中の出展者と来場者が集まり、製品やサービスを紹介、発見するプラットフォームです。この形式は、デジタル技術の進化とともに、企業が新しい市場にアクセスし、グローバルなネットワークを構築するための効果的な手段として急速に普及しています。


 
▼オンライン展示会とは?オンライン展示会の基本をご紹介▼

  オンライン展示会とは?メリットデメリット・活用方法等をご紹介 オンライン展示会は、オンライン上で開催される展示会であり、物理的な場所に縛られずに製品やサービスを展示・紹介できるため、BtoBのマーケティング施策として注目を浴びています。この記事では、オンライン展示会でできること、メリットデメリット、さらにはその効果的な活用方法について紹介していきます。 DEXPO-オンライン展示会プラットフォーム-


海外進出におけるオンライン展示会のメリット

オンライン展示会を活用することで、海外進出の際に直面する多くの課題が解決されます。低コストで世界中の人々に製品やサービスを紹介できるため、大きな初期投資をせずにグローバルな視野を広げることが可能です。また、異なるタイムゾーンにいる人々とも柔軟にコミュニケーションを取れるため、時間の制約を受けることなくビジネスを展開できます。

このように、オンライン展示会は、海外市場への進出を計画している企業にとって、コスト効率良くリーチを拡大し、新たなビジネスチャンスを探求するための有効な手段となります。


▼オンライン展示会のメリットデメリットをご紹介▼

  オンライン(バーチャル)展示会のメリットデメリット 近年、オンライン(バーチャル)展示会が多くの企業や業界で開催されており、その需要はコロナ過以降年々増えていっています。多くの企業や業界がオンライン展示会を採用する理由をメリットとデメリットを用いてご紹介いたします。 DEXPO-オンライン展示会プラットフォーム-


海外向けオンライン展示会開催のコスト

日本企業が海外の展示会に出展する際には、ブースのデザインと設営、製品の輸送、スタッフの旅費と宿泊費など、多岐にわたる費用が発生します。国内で出展する場合と、国外で出展する場合では、出展コストは国内出展の3倍~数十倍ほどと予測できます。

オンライン展示会はウェブ上で開催される展示会の為、国内外問わず一定の価格で実現可能です。
※開催する国により、セキュリティ等々調整が必要な場合があります。


▼オンライン展示会 開催費用について▼

  オンライン展示会の開催費用 費用対効果の高い開催方法をご紹介 今回は、オンライン展示会の開催費用、開催することで利益を得る方法、費用対効果を高める方法についてご紹介します。 オンライン展示会は、単なる展示会マーケティングツールとしてではなく、デジタルマーケティング手法の一つとして活用され始めています。 DEXPO-オンライン展示会プラットフォーム-


海外販路の拡大を計画する

海外での販路拡大には市場選定、プロモーション戦略等、綿密な計画が必須となります。

目標市場の選定

海外市場を対象とした時、どの市場が自社の製品やサービスに最適かを決定するプロセスです。市場の規模、成長性、競争状況、文化的適合性などを評価し、自社にとって最も価値のある市場を特定します。

プロモーション戦略

オンライン展示会が開催される前に、どのようにしてその展示会を最大限に活用するかの計画です。これには、対象市場での認知度を高めるためのプロモーション活動や、製品・サービスの魅力を伝えるためのメッセージング戦略が含まれます。

コンテンツの作成

オンラインで展開するブースのデザインと、訪問者の関心を引きつけるためのコンテンツの作成方法についてです。ブースは視覚的に魅力的であり、同時にインタラクティブな要素を取り入れて訪問者のエンゲージメントを高める必要があります。

現地顧客との関係構築

展示会中に構築した関係をどのように深め、継続的なビジネスの機会につなげていくかについての戦略です。展示会で得たリード(見込み客)に対しては、展示会後に効果的なフォローアップを行い、長期的な関係構築につなげます。


よくある失敗とその回避方法

オンライン展示会を通じた海外販路拡大を目指す際には、成功を収めるための多くの要素がありますが、一方で注意すべき落とし穴も存在します。

ここでは、よくある失敗とその回避方法について紹介します。

【失敗1】ターゲット市場の誤認識

市場調査を徹底的に行い、製品やサービスが最も求められる市場を正確に特定することが重要です。文化的背景や市場のニーズを理解するために、ローカルの専門家の意見を取り入れることも有効です。

【失敗2】不十分なプロモーション活動

 展示会の成功は、事前のプロモーションに大きく依存します。「プロモーションなしでは、イベント成功はなし」と考えましょう。開催前に複数のチャネルを通じて積極的に宣伝し、特にターゲットとする市場や顧客セグメントに焦点を当てることが大切です。また、パートナー企業との協業も検討しましょう。

【失敗3】コンテンツの質と魅力の不足

高品質で魅力的なコンテンツの提供が、オンライン展示会での成功を左右します。参加者の注意を引き、興味を持続させるためには、視覚的に魅力的なブースデザイン、インタラクティブなデモンストレーション、有益な情報を提供することが必須です。

【失敗4】効果的なコミュニケーションの欠如

展示会中だけでなく、展示会前後のコミュニケーションも重要です。参加者との積極的な交流を通じて関係を築き、フォローアップを通じてその関係を深めることが重要です。迅速かつパーソナライズされたコミュニケーションを心がけましょう。

【失敗5】テクノロジーの問題

オンライン展示会の成功は、使用するテクノロジーの信頼性に大きく依存します。事前にテクニカルチェックを徹底し、参加者がスムーズにコンテンツにアクセスできるようにすることが重要です。また、技術的なサポートを常時利用できるように準備しておきましょう。

まとめ

オンライン展示会は、海外販路拡大における重要な戦略の一つです。これまでの議論を通じて、オンライン展示会を最大限に活用することで、低コストでのグローバルリーチ、タイムゾーンの制約を超えた交流、即座にフィードバックを得る機会など、海外進出に際して直面する多くの課題を克服できるでしょう。是非オンライン展示会を活用し、海外進出を成功させましょう。


おすすめの資料


サクラアルカスの
オンライン展示会が開催中!


人気記事ランキング


タグ一覧