catch-img

オンライン展示会を開催する目的とは?5つの開催目的をご紹介


オンライン展示会は、世界がデジタル化の波に乗る中で、ビジネスコミュニケーションの新たな標準として急速に浸透しています。企業がこのオンライン展示会というツールを選ぶ理由は多岐にわたりますが、ここではその主要な目的を5つに絞ってご紹介します。展示会の利点を最大限に活かすための洞察を共有し、あなたのビジネス戦略にどのように組み込めるかを探ります。

目次[非表示]

  1. 1.オンライン展示会の重要性と普及
  2. 2.目的①新規顧客獲得のためのオンライン展示会
    1. 2.1.オンライン展示会での新規開拓
    2. 2.2.プラットフォーム選定
    3. 2.3.集客のポイント
  3. 3.目的②既存顧客向けオンライン展示会
    1. 3.1.既存顧客との関係性構築
    2. 3.2.リピーター育成
    3. 3.3.運営サポートの重要性
    4. 3.4.顧客エンゲージメントの向上案
  4. 4.目的③リアル×オンラインのハイブリッド展示会
    1. 4.1.メリット・デメリット
    2. 4.2.成功のポイント
  5. 5.目的④国際的なオンライン展示会の運営
    1. 5.1.おすすめの企業
    2. 5.2.多言語対応と文化的考慮
  6. 6.目的⑤継続的なオンライン展示会シリーズの展開
    1. 6.1.定期シリーズ展示会のメリット
    2. 6.2.定期シリーズ展示会のデメリット
    3. 6.3.データ分析とPDCAサイクル
  7. 7.まとめ

オンライン展示会の重要性と普及

オンライン展示会は、デジタルトランスフォーメーションの波に乗り、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で急速に普及しました。ビジネスのグローバル化とインターネット技術の進化が融合し、物理的な距離を超えた交流が可能になり、企業間のBtoB商談に革命をもたらしました。現在では、リアルな交流の補完手段としてだけでなく、独自のメリットを活かしたビジネスマーケティングツールとして定着しつつあります。

目的①新規顧客獲得のためのオンライン展示会

新規顧客獲得はあらゆるビジネスにとっての命題です。オンライン展示会は、その目的を達成するために、時間と場所の制約を超えて、新しい顧客層にアプローチする効果的な手段を提供します

オンライン展示会での新規開拓

新規顧客獲得は、企業成長の基盤となります。オンライン展示会は、低コストで広範囲の潜在顧客にリーチする絶好のチャンスを提供します。デジタルツールの活用により、効果的にターゲットを絞り込むことで、質の高いリード獲得へと繋がります。

プラットフォーム選定

オンライン展示会プラットフォーム選定にあたっては、充実した機能や外部プラットフォームとの連携力も重要ですが、新規顧客獲得を目指す場合、アクセシビリティやユーザーインターフェースの使いやすさがもっとも重要視すべきでしょう。また、SEO対策が施されているプラットフォームを選定することで、検索エンジンを通じた集客も見込めます。


▼オンライン展示会プラットフォーム業者選びはこちら

  オンライン展示会のプラットフォーム/業者選び オンライン展示会を開催するにあたって一番重要な課題は、オンライン展示会の業者選びです。複数の業者から4〜5社を選び、各社に1時間ほどの説明を聞く必要があります。より効率的に最適な業者を選ぶ方法は、目的、目標、予算をある程度想定し、商談に臨むことです。 DEXPO-オンライン展示会プラットフォーム-


集客のポイント

集客を成功させるためには、SEO対策か広告出稿が一般的です。短期的な利用を想定する場合には、SEO対策したコンテンツに予算を割くよりは短期的に効果の出やすい広告出稿を検討した方が良いでしょう。

目的②既存顧客向けオンライン展示会

既存顧客のエンゲージメントとロイヤルティの強化は、持続可能なビジネス成長の鍵です。オンライン展示会は、既存の顧客に対して最新情報と価値を提供し、深い関係を築く新たなアプローチを実現します。

既存顧客との関係性構築

オンライン展示会は既存顧客との関係をより深めることができます。既存顧客に向けたオンライン展示会では、製品やサービスの最新情報を定期的に発信することで、既存顧客との関係を維持することができます。接触回数を増やすことで、ブランドへの忠誠心を高めることにつながります。

リピーター育成

リピーター顧客はビジネスの成功に不可欠な存在です。彼らを対象としたオンライン展示会では、一度ではなく継続的に関心を持ち続けるための取り組みが必要です。新製品・サービスの発表、取扱い商材の資料、参加者だけの特別セミナーなどを提供することで、彼らに新鮮さを常に提供します。また、リピーター顧客には彼らのフィードバックが製品改良にどのように活かされているかを示すことも重要です。顧客が自分たちの意見が反映されていると感じると、ブランドへの愛着を一層深めることになります。

運営サポートの重要性

オンライン展示会の運営サポートは、イベントの成功に直結します。展示会のプラットフォームが提供するサポート体制は、出展者だけでなく参加者の体験にも大きな影響を与えます。イベント中に発生する可能性のある技術的な問題への迅速な対応は、参加者がスムーズな体験を得るために重要であり、真摯な対応が今後の信頼関係に繋がります。安全で信頼性の高いネットワーク環境の確保も、オンライン展示会の品質保証には欠かせません。

顧客エンゲージメントの向上案

顧客エンゲージメントを高めるためには、単に情報を提供するだけでなく、参加者がアクティブに関与できる機会を作ることが重要です。例えば、リアルタイムのQ&Aセッション、ワークショップ、ウェブセミナーなどが参加者の積極的な参加を促します。これにより、参加者はイベントに深く関与し、ブランドとのコネクションを感じることができます。さらに、参加者からのフィードバックは次回のイベント計画に不可欠なインサイトを提供し、顧客満足度を高めるための改善点を見つけ出す手がかりとなります。

目的③リアル×オンラインのハイブリッド展示会

ハイブリッド展示会は、リアルとデジタルの融合により、最大限のリーチとインパクトを実現します。この形式は、参加者に柔軟性を与え、オンラインとオフラインの双方の利点を享受する新しい体験を提供します。

メリット・デメリット

ハイブリッド展示会は、リアルな交流の体験とオンラインのアクセシビリティを組み合わせて、広範囲の参加者にリーチし、行動データを収集するメリットを提供します。一方で、リアルとデジタルの双方の要素を統合することは、計画の複雑さとコスト増加のリスクをもたらし、両面での資源投資を必要とします。


▼ハイブリット展示会について詳しくはこちら

  ハイブリッド展示会とは メリットデメリット 開催方法 注意すべき点を紹介 新型コロナの影響により、展示会のあり方に大きな変革が訪れました。 その中でも特筆すべき一つの例が、「オンライン展示会」ですが、昨今の状況からリアル展示会の開催もコロナ過以前に戻りつつあります。 リアル展示会、オンライン展示会のメリットデメリットを鑑みて新たな展示会の形が出来つつあります。 それは、「ハイブリッド展示会」です。 今回は、リアル展示会、オンライン展示会どちらのメリットも教授し、展示会企画を成功させたい担当者様に向けて、 ハイブリッド展示会の概要から成功させる方法をご紹介します。 DEXPO-オンライン展示会プラットフォーム-


成功のポイント

ハイブリッド展示会を成功させるためには、オンライン参加者とリアル参加者の両方に平等に価値を提供する必要があります。例えばVRやAR、メタバース使用したり、リアルイベントのセッションをライブストリーミングするなど、技術を駆使して交流の機会を最大化する必要があります。また、事前のテクニカルサポートやトラブルシューティングを行い、参加者が技術的な問題に直面しないようにすることも、スムーズな体験を保証する上で不可欠です。

目的④国際的なオンライン展示会の運営

国際的なオンライン展示会は、言語や地域の壁を越えて、世界中の市場と顧客にアクセスする扉を開きます。この運営は、多様な文化とビジネス慣習を繋ぐグローバルなネットワーキングの場を提供します。

おすすめの企業

国際的なオンライン展示会は、グローバルマーケットへのアクセスを目指す企業にとって、貴重なチャンスを提供します。具体的には、以下のような企業が最大の恩恵を受けることができます。

多国籍企業
既に複数の国で活動している企業は、国際的なオンライン展示会を通じて、各地の市場でのブランドの統一性と可視性を高めることができます。

輸出入でマネタイズを図る企業
海外のバイヤーや供給者と接点を持つ企業は、オンライン展示会を使って新しい貿易関係を構築し、既存の関係を強化することが可能です。

グローバル進出を目指す企業
国内市場にとどまらず、海外展開を計画している企業にとって、オンライン展示会はリスクを抑えつつ海外市場に足を踏み入れるためのプラットフォームとなります。

海外と日本を繋ぐ企業
日本国内の製品やサービスを海外に紹介する企業、あるいは海外の優れた商品を日本市場に紹介したい企業にとって、オンライン展示会は国際的なビジネス機会を生み出します。

多言語対応と文化的考慮

国際的なオンライン展示会を成功させるためには、以下の要素が不可欠です。
 
多言語対応
プラットフォームは、英語を始めとする複数の言語に対応している必要があります。これにより、世界中の参加者が自分の母語で情報を受け取り、やり取りすることが可能になります。

文化的配慮
異なる文化圏からの参加者に敬意を表し、文化的差異を考慮したコンテンツの提供が求められます。たとえば、地域に特有の商慣習や法規制、祝祭日などを理解し、尊重することが重要です。

現地化戦略
単なる言語の翻訳だけではなく、現地の市場に合わせたカスタマイズを行い、現地のユーザーに最適なユーザーエクスペリエンスを提供することが必要です。

目的⑤継続的なオンライン展示会シリーズの展開

継続的なオンライン展示会シリーズは、ブランドの定期的なプレゼンスを確立し、顧客との関係を強化するための戦略です。この展開によって、企業は市場の変化に即応し、顧客との絶え間ない交流を維持することが可能になります。

定期シリーズ展示会のメリット

定期シリーズの展示会は参加者との継続的な対話を可能にし、顧客エンゲージメントを高めます。この方式は、顧客が新しい製品やサービスを定期的にチェックするきっかけを提供し、長期的な顧客関係を構築する上で役立ちます。また、市場における動向や技術の進化に応じた最新情報の提供が可能となり、顧客の知識と信頼を深めることができます。

定期シリーズ展示会のデメリット

しかし、一貫した魅力的なコンテンツの提供は、創造性とリソースの継続的な投資を必要とします。内容の更新と鮮度の維持が必要不可欠であり、これを怠ると参加者の関心を失うリスクがあります。また、各展示会のプロモーションにも継続的な努力が求められます。

データ分析とPDCAサイクル

継続的なシリーズの開催は、参加者からのデータを豊富に収集する機会を提供します。このデータを詳細に分析することで、顧客の好みや行動パターンに深い洞察を得ることができ、それを基に展示会を改善することが可能になります。PDCAサイクルを適用することで、各展示会の成功と失敗から学び、連続して展開されるイベントの質を段階的に向上させることができます。これにより、最終的にはより効果的なカスタマーエクスペリエンスを提供し、継続的なビジネス成果を促進することに繋がります。

まとめ

オンライン展示会は新規顧客の獲得、既存顧客との関係強化、オンラインとリアルの融合によるハイブリッド体験の提供、国際的なビジネスチャンスの創出、そしてブランドや製品の継続的な露出を目的に開催されます。これらの目的は、市場の拡大、顧客エンゲージメントの向上、そして持続可能なビジネスモデルの構築を目指しています。オンライン展示会は、ビジネスの成長と拡張を促進する重要な戦略的ツールとして位置づけられています。


​​​​​​​

おすすめの資料


サクラアルカスの
オンライン展示会が開催中!


人気記事ランキング


タグ一覧