catch-img

オンライン展示会は意味ない?失敗する要因をまとめました

オンライン展示会は、新型コロナウイルスの影響で多くの企業がリモートワークを強いられる中、急速に普及していきました。その潮流は、展示会業界にも大きな影響がありました。コロナ過のオンライン展示会は、リアル展示会が開催できないからその代替案として採用されてきましたが、現在では、リアル展示会とオンライン展示会の同時開催するハイブリッド展示会や、デジタルマーケティングツールの1つとして採用を検討している企業が増加しています。
 
それだけに、「オンライン展示会は意味があるのか?」「ちゃんとした効果を出せるのか?」という疑問の声をよく耳にします。この記事では、オンライン展示会が失敗する主な要因と、それをどう解決すればいいのかについて深掘りしていきます。

目次[非表示]

  1. 1.そもそもオンライン展示会とは
  2. 2.オンライン展示会で失敗するケース
    1. 2.1.計画不足
    2. 2.2.コンテンツ不足
    3. 2.3.臨場感やエンタメ性の欠如
    4. 2.4.集客できなかった
    5. 2.5.集めたリード、データを活用しない
  3. 3.まとめ

そもそもオンライン展示会とは

オンライン展示会とは、インターネット上で開催される商談会やセミナーのことで、物理的な場所に出向くことなく、PCやスマートフォンを使って参加・閲覧することができます。参加者は遠隔地からでも製品やサービスを紹介・展示したり、ビジネスマッチングを行ったりすることができます。メリットも多い分当然デメリットもあります。


▼オンライン展示会のメリットデメリットについてはこちら

  オンライン(バーチャル)展示会のメリットデメリット 近年、オンライン(バーチャル)展示会が多くの企業や業界で開催されており、その需要はコロナ過以降年々増えていっています。多くの企業や業界がオンライン展示会を採用する理由をメリットとデメリットを用いてご紹介いたします。 DEXPO-オンライン展示会プラットフォーム-


オンライン展示会で失敗するケース

オンライン展示会をこれまで主催、出展したことがあるご担当者様はもちろん、はじめてオンライン展示会を企画するご担当者様は是非参考にしてみてください。よくあるミスとその対処法をここで見ていきましょう。

計画不足

■目的とターゲットの不明確さ

計画不足は、目的やターゲット、集客方法、そしてプラットフォーム選定において頻繁に見られる問題です。会社ごとに展示会を開催する目的、出展する目的は異なります。新製品のプロモーションか、ブランド認知度の向上か、既存顧客との関係性の強化か、それとも新たなパートナーシップを築くことか。目的が不明確だと、その後の行動計画も曖昧になりがちです。ですから、目的を明確に定義することが何よりも先決です。

■集客方法とプラットフォーム選定

次に、目的に応じた集客方法とプラットフォームの選定が必要です。集客方法には、一般的なSNS広告から専門的な業界誌への出稿まで、多種多様な方法があります。また、使用するプラットフォームも、目的やターゲットによって最適なものが変わることがあります。これらを事前にしっかりと検討しておくことで、展示会の成功確率は格段に上がります。

コンテンツ不足

■ブースの作り込み

リアル展示会に出展する際は、デザイン会社装飾会社に数十万から数百万円の予算をかけてブースを装飾しますが、オンライン展示会でいうブース装飾とは、コンテンツを充実させることです。主催者から用意されたブースに、自社製品の画像、動画、資料等のコンテンツを掲載することが来場者からの評価や信頼、商談機会に繋げる方法です。ただ、情報提供に終わるケースが多く、プッシュ型(声かけなど)の営業ができない分来場者に求められる情報を推定したコンテンツ掲載することが重要です。

■コンテンツの種類と質

ブースにコンテンツを掲載し、単に情報を提供するだけでなく、その質も重要です。例えば、製品のデモ動画を用意する、専門家によるセミナーを実施する、事例紹介をするなど、多角的に製品やサービスを紹介することが必要です。これにより、来場者に対して多層的なアプローチが可能となり、より高いエンゲージメントを生むでしょう。

■話題性の高いメイン企画

オンライン展示会の成功には多くの要素が影響を与えますが、その中でも特に重要なのが「メイン企画」です。メイン企画は集客にも大いに貢献します。魅力的なメイン企画があれば、ターゲットとする顧客層が自然と集まり、その結果、商談の質と量も向上する可能性が高いです。企画自体が話題になれば、次回以降の展示会での集客にも寄与し、長期的な成功に繋がります。

成功するオンライン展示会を作成するためには、製品やサービスの展示だけでなく、参加者に新しい体験や知識、洞察を提供するメイン企画が不可欠です。企画の段階からメイン企画をしっかりと考慮に入れ、その実施に必要なリソースを確保することで、オンライン展示会の成功はぐっと近づくでしょう。

臨場感やエンタメ性の欠如

■人と人の繋がり

オンライン展示会において人々が求めるのは、単に製品やサービスを目の当たりにするだけでなく、人との繋がりもあります。この点でしばしば失敗してしまう場合が多くあります。メタバースの活用によるアバターを使った新感覚コミュニケーションの機会、AIによるチャットボットを設置することで、参加者同士、または参加者と出展者間のコミュニケーションが生まれやすくなります。

集客できなかった

■集客方法

成功したオンライン展示会と失敗したものとの違いはしばしば集客方法にあります。魅力的なイベント内容がない、集客費用を節約しすぎる、ターゲット層を見誤るなどが主な要因です。これを避けるためには、事前にしっかりとしたマーケット調査を行い、プロモーション戦略を練ることが必須です。

集めたリード、データを活用しない

オンライン展示会で得られる最大のメリットの一つが、参加者から得られる詳細なデータです。これを上手く活用しないと、次回の展示会やマーケティング活動での成功はおろか、現在進行中の展示会でもチャンスを逃すことになります。データ分析によって顧客の興味・関心を把握し、それを元にフォローアップを行うことが重要です。

まとめ

オンライン展示会は、数多くの課題に直面しています。しかし、これらの課題は決して不可能なものではありません。計画から運営、フォローアップに至るまで、しっかりとした戦略と具体的なアクションプランがあれば、これらの問題は解決できます。失敗例から学び、それを次回に活かすことで、オンライン展示会は確実にその価値を高めていくでしょう。



おすすめの資料

人気記事ランキング

タグ一覧