catch-img

オンライン展示会とリアル展示会の違い

オンライン展示会とリアル展示会は、ビジネスの展示やプロモーションの場として重要な役割を果たしています。
しかし、これらの展示会はそれぞれ異なる特徴と利点を持っており、マーケターにとって理解しておくべきポイントです。
本記事では、オンライン展示会とリアル展示会の主な違いについて探っていきます。


目次[非表示]

  1. 1.参加方法
  2. 2.コミュニケーション
  3. 3.開催までの手順とコスト
  4. 4.データ分析とビジネス戦略
  5. 5.SDGsの観点
  6. 6.まとめ



参加方法

オンライン展示会という考え方がなかった頃は、物理的な会場に出向いて製品、サービスの情報を得ていました。
しかし、コロナ過を経て人との接し方や社会の在り方が変わりました。リアルで開催される展示会、オンラインで開催される展示会の参加方法にはどのような違いがあるのでしょうか。

オンライン展示会

場所や時間に制約されずに参加できる利便性があるため、参加者は自宅やオフィスから、パソコンやモバイルデバイスを通じてオンライン展示会の会場に簡単にアクセスできます。


リアル展示会

物理的な会場に足を運ぶ必要があり、交通や宿泊などの手配が必要となります。
東京、大阪、名古屋での多くリアル展示会は開催されており、特に東京での開催が集中しています。地方で勤務するビジネスマンほど展示会に触れる機会は少なくなります。

コミュニケーション

コロナ過でコミュニケーションの在り方がガラッと変わりました。
オフィスへの通勤退勤が当たり前だった状況から、自宅で業務を行うリモート勤務がニューノーマルになりつつあります。
オンライン展示会でのコミュニケーションはオンライン上でのコミュニケーションが主流です。


オンライン展示会

ビデオチャットやチャットツールを通じてのコミュニケーションが主要となりますが、物理的な接触はありません。
製品を手に取ることができませんが、動画や写真などのコンテンツを使うことでリアル展示会と同等の情報収集が可能です。


リアル展示会

直接的な対話や身体的な接触が可能です。
参加者は製品やサービスを実際に目で見て触れることができ、出展者との直接的なコミュニケーションができます。
ただし、押し売りや無茶な声かけは返って商談の機会を逃す可能性があります。



開催までの手順とコスト

ビジネスを行う上で、多くのヒトがコストパフォーマンスを重要視しているかと思いますが、展示会の企画においても、オンライン展示会とリアル展示会ではかなり違いがあります。
オンライン展示会とリアル展示会の手順とコストの違いを理解していきましょう。


オンライン展示会

オンライン展示会は基本、既存のプラットフォームを使用、もしくは既存のプラットフォームをカスタムし使用するケースが多いです。プラットフォームを選定したら、打ち合わせでイベント全体の世界観やブースを設定し、当日の開催に臨みます。
会場の用意やブースの設営が不要であり、信頼できる協力会社を見つけるができればリソースとコストの面で優位性があります。


リアル展示会

会場の手配、装飾会社との連携、展示ブースの設営、広報物、出展者サポートなど多くのリソースとコストがかかります。また、従業員、作業員の交通費や宿泊費なども発生します。



\\\オンライン展示会がわかる!概要資料はこちらから!///​​​​​​​



データ分析とビジネス戦略

データ分析をビジネスやマーケティングに組み込むことで、より効果的な意思決定や競争優位の確立に繋がるでしょう。
オンライン展示会とリアル展示会でのデータ分析と戦略の立て方には違いがあるのでしょうか。

オンライン展示会

オンライン展示会では、参加者の行動データや関心度などの情報を収集しやすく、それに基づいた効果的なフォローアップやビジネス戦略の改善が可能です。
また、会期終了後の出展者、来場者の細かいデータを分析することで、社会の動向や意識を調査する材料を獲得できます。


リアル展示会

基本的に、名刺交換をした来場者のみの情報を出展者が獲得できるものです。
主催者側としては、どのくらいのビジネスチャンスが生まれたかなど情報収集が難しく、効果的なデータ分析やフォローアップの手段に制約があります。


SDGsの観点

2015年に国連加盟国全体で採択されてから、徐々に注目されてきて昨今「SDGs」というワードは日常的に使われています。
オンライン展示会とリアル展示会ではSDGsの観点から見たときにどのような違いがあるのでしょうか。

SDGsは「持続可能な開発目標」で、2030年までに貧困撲滅や教育、環境など17の目標を達成する国連の取り組み


オンライン展示会

クラウドを用いたプラットフォーム運営が多いため、
物理的な環境への影響が少なく、環境にやさしいと言えます。


リアル展示会

物理的な会場の手配やに展示ブースの造作・施工に資源やエネルギーが必要となり、
環境への負荷がかかります。



まとめ

オンライン展示会とリアル展示会は、それぞれ異なる特徴と利点を持っています。
オンライン展示会は参加のしやすさやコスト面で優位性があり、データ収集や効果的なフォローアップが可能です。
一方、リアル展示会は直接的な対話や体験ができ、独自の価値を提供します。

マーケターはビジネスの目的やターゲットに合わせて、適切な展示会形式を選択する必要があります。

将来的には、オンライン展示会とリアル展示会の組み合わせや相互補完が進み、より効果的な展示とプロモーションが実現されることが期待されます。


\\\オンライン展示会がわかる!概要資料はこちらから!///


おすすめの資料


サクラアルカスの
オンライン展示会が開催中!


人気記事ランキング


タグ一覧