catch-img

オンラインイベントの必須ツール!オンライン展示会プラットフォームとは?

オンライン展示会プラットフォームは、現代のビジネス環境における核となるツールであり、地理的な制約を超えた展示会の開催を可能にします。このブログでは、オンライン展示会プラットフォームがどのようにして企業や個人がグローバルな視聴者と交流し、商談を進めることを支援するのか、その機能とメリットを詳細に解説します。

目次[非表示]

  1. 1.オンライン展示会って?
    1. 1.1.オンライン展示会の定義
    2. 1.2.オンライン展示会の普及
  2. 2.オンライン展示会プラットフォームとは
  3. 3.オンライン展示会のシステム構築
    1. 3.1.フルスクラッチ
    2. 3.2.既成プラットフォーム
    3. 3.3.既成プラットフォーム+スクラッチ
  4. 4.オンライン展示会プラットフォームの機能
    1. 4.1.オンラインブース作成機能
    2. 4.2.告知ページ作成機能
    3. 4.3.リード管理機能
  5. 5.まとめ

オンライン展示会って?


オンライン展示会は、テクノロジーの進歩とともに急速に進化し、さまざまな産業で広く普及しています。このセクションでは、オンラインイベントがどのように発展し、ビジネスや社会に新たな価値をもたらしているかを探ります。

オンライン展示会の定義

オンライン展示会は、インターネットを介して仮想空間で開催されるBtoB(企業間取引)向けの商談会やセミナーのことを指します。参加者は物理的な移動の必要なく、デジタルプラットフォーム上で企業のブースを訪れ、製品やサービスのデモンストレーションを見たり、販売担当者とチャットやビデオコールで直接コミュニケーションを取ることができます。

オンライン展示会の普及

コロナ禍により、オンラインイベント・展示会はビジネスマッチングの必須の手段として急速に普及しました。オンライン展示会はコスト削減、アクセシビリティの向上、測定可能なデータ収集といったメリットから、コロナ禍をきっかけに導入され、その後もビジネスのマーケティングツールとして、またはリアルなイベントと組み合わせたハイブリッド形式で幅広く利用されています。

オンライン展示会プラットフォームとは

オンライン展示会プラットフォームは、インターネットを通じて様々な企業が自社の商品やサービスを展示し、ビジネスの商談を行うための仮想空間を提供するシステムです。リアルな展示会場で行われる活動をオンライン上で再現し、出展者と参加者がどこからでもアクセスして情報を共有し、交流できるようにすることがその主な役割です。
 
このプラットフォームは、特定の業界に特化したイベントから一般的なビジネスマッチングイベントまで、幅広い範囲のオンラインイベントをサポートしています。オンラインでの開催により、時間や場所の制約を受けずに、世界中のビジネスプロフェッショナルが繋がり、新たなビジネスチャンスを見つけることが可能になります。

オンライン展示会のシステム構築

オンライン展示会を開催するには、主催者、出展者、来場者にとって有意義なイベントとなるように専用のシステム・プラットフォームが必要となります。このセクションではオンライン展示会のシステム・プラットフォームの3つの構築方法をご紹介します。

フルスクラッチ

フルスクラッチ開発は、企業が特定のニーズやブランドイメージに完全に合わせたオンライン展示会を作り出すオプションです。このアプローチでは、企業独自の要件に沿って機能を一から開発し、ユーザーインターフェースからユーザーエクスペリエンスまで、細部にわたりカスタマイズが可能です。この方法の大きな利点は、ブランドのアイデンティティを完璧に反映したイベントが実現できること、および競合との差別化が図れることです。

既成プラットフォーム

既存のオンライン展示会プラットフォームを使用することは、コスト効率と時間効率の両面でメリットがあります。一般的には、チャット機能、ウェビナー、ネットワーキングエリアなどの基本的な機能が備わっており、迅速に展示会をセットアップできます。また、これらのプラットフォームは、多くの場合、豊富なユーザーデータと分析ツールも提供しており、イベントの成果を測定し、将来のイベントに活かすことができます。

既成プラットフォーム+スクラッチ

既存のプラットフォームにカスタム機能を追加する選択肢は、フルスクラッチの自由度とプラットフォームの利便性を兼ね備えています。カスタマイズ可能なプラットフォームを基に、独自の機能やデザインを組み込むことで、企業は自身のブランドに合致したユニークな展示会を開催できます。これにより、参加者に記憶に残る体験を提供しつつ、開発の手間やコストを削減することが可能です。

オンライン展示会プラットフォームの機能

オンライン展示会プラットフォームの主要機能には、オンラインブース作成、告知ページ(ランディングページ: LP)作成、リード管理などがあります。これらの機能が組み合わさることで、オンラインでの商談会やセミナー開催を支援します。

▼オンライン展示会プラットフォームの必須機能はこちら

  オンライン(バーチャル)展示会の必須機能をご紹介 | DEXPO-オンライン展示会プラットフォーム- デジタルトランスフォーメーションが加速する中、オンライン展示会は企業の新たなビジネス展開を促進するカギとなっています。しかし、ただオンラインで情報を配信するだけでは、展示会の可能性は十分に発揮されません。ここでは、オンライン展示会を成功に導くために欠かせない機能を一挙にご紹介します。 DEXPO-オンライン展示会プラットフォーム-


オンラインブース作成機能

出展者は独自のブランドを前面に出したバーチャル空間をデザインすることができます。これは訪れる参加者に対し、企業のイメージや製品を効果的に伝えるための「デジタルショールーム」となります。高度なカスタマイズオプションを提供するプラットフォームでは、ビデオ、画像、製品情報、ダウンロード可能なコンテンツなどを統合し、来場者に対しリアルな展示会の体験をオンラインで再現することが可能です。
 

告知ページ作成機能

イベント主催者は魅力的で情報満載のLPを容易に作成できます。これはイベントの「顔」とも言える部分で、訪れた人々が最初に接するポイントです。効果的なLPは、イベントへの興味を高め、参加登録を促すために重要です。そのため、プラットフォームはテンプレートや編集ツールを提供し、ユーザーが技術的な知識がなくても直感的にページを構築できるようになっています。

リード管理機能

参加者の行動や興味を追跡し、それを販売機会に変換するためのシステムです。このツールによって、出展者や主催者は参加者がどの製品に関心を持ったか、どの資料をダウンロードしたか、どのブースに長く滞在したかなど、詳細なデータを得ることができます。また、リードスコアリング機能により、最も高い潜在顧客を識別し、マーケティングと営業の効果を最大化することが可能になります。

まとめ

オンラインイベントを開催する場合、コストの面で効率的で、信頼できるサポートを提供するオンライン展示会プラットフォームを選択することが重要です。このセクションでは、オンラインイベントの計画から実施、フォローアップに至るまでの全プロセスにおいて、最適なプラットフォームを選択するための指針を提供します。

おすすめの資料

人気記事ランキング

タグ一覧